あおろぐ

人が生きると書いて人生。額面より可処分量。

誰でもレアな人になれる!『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』

西野亮廣さんの『魔法のコンパス』を読んで、その中で紹介されていた本を反射的に買った。それがタイトルにもある『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』だ。

順番的には『魔法のコンパス』の感想を書いてからなんだけど、こっちを先に書きたくなったから書く。

 

この本では、今後の時代を生きて行くなかで「1/100の人」になることの大切さと、それは誰にでもできること、ということが書いてある。人を4つのタイプに分類して、それぞれのタイプで1/100になるための自らの経験を踏まえた丁寧なアドバイスが書かれていて生き方、考え方の思考の刺激になる。すごくざっくり言うとこんな感じの本。

 

続きを読む

給料=会社が得た信用の分配

『うちの会社、給料安くてさぁ・・・』

 

なんてぼやきはそこかしこで聞かれるもので、僕が勤めている会社も例外ではありません。

何を基準に安いと言っているかわかりませんが、おそらく自分の給料より高い人だけを見ている話です。給料が高い人には理由があります。それを知らないだけです。

 

f:id:aoo55:20170305000845j:plain

給料ってなんでしょうか?お金についていろいろ考えるうちに自分なりに出した答えは『給料=会社が得た信用の分配』です。

続きを読む