あおろぐ

絶対に必要なものはない。あるのは『あったらいいな』という想い。

生き方

僕が無職でも平気でいるのは、ポジティブだからではない。

今日、とある友人からLINEでこんなメッセージがきた。

AIの進化は無職をも駆逐するらしい

専門的な知識やスキルがある人に頼りたい人は多い。だからお金をもらえる仕事になる。でも、知識やスキルがなくても、「この人に頼りたい」というニーズもある。知識やスキルは代替されてしまうけど、人間に感情というものがある限り、『人』自身を代替する…

幸せを増やす足し算で生きる人、幸せを減らす引き算で生きる人

同じ空間で、同じ時に、同じ人の話を聞いても、その受け取り方は様々。自分の糧にするつもりで聴く人もいれば、興味を示さずに終わる人もいます。それは様々でしょうがないことなんだけど、その「姿勢」も自分で選んでいるということを忘れてはならないと思…

僕は今この瞬間から、何にでもなれる

「宮森はやと」というブロガーのことを知っている人は多いと思う。僕は本人と直接お会いしたことはないが、ブログやTwitterを拝見させていただいてる中でいろいろと気づきをいただける。

「やりたくないけど、やる」から考える、生き方のマトリクス

11/26は岐阜県関市の洞戸(ほらど)というところで行われるマラソンに参加してきました。その名も「ほらどキウイマラソン」。僕はよく知らないんですが、洞戸はキウイが特産らしいです。ちなみに僕はキウイがあまり好きではありません。 この大会には昨年に…

バランスよりトレードオフ。ゼロではなく、プラマイゼロ。

バランスボールに乗ってみる。初めはなかなかバランスが取れなくて、すぐにボールから落ちてしまう。「下腹で支える」というアドバイスを聞いても、なかなかそれがうまくいかない。 次第に慣れてくる。そして気づいたことがある。それは、バランスを取ろうと…

【就活生必見】就活やめて、世界一周することにしちゃった男に会いにきちゃった

自分だって就職活動の末に会社員やってるくせに、今の就活システムに違和感があるとか言っちゃう採用担当は僕です。 そんな時、2016年4月4日からスタートしたクラウドファンディングのプロジェクトと出会い、即支援しました。そのプロジェクトがこちら。 cam…

自分にとっての『大きな石』を考えること

優先順位を考えるときに、「大きな石」の話を思い出します。ざっくりと説明すると、 男が大きな壺の中に、いっぱいになるまで大きな石を入れる。その後「この壺はもういっぱいだろうか?」と問う。聞かれた人が「いっぱいです」と答えると、男は「違う」と言…

僕は『夢』を決めないことを決めた

ホームレス小谷さんのファンクラブイベントでお会いした方が「夢」について記事を書かれていました。2018年春からは世界一周の旅へ行かれるそうです。 konatabi.hatenablog.jp 『なんで将来の夢が職業じゃなきゃいけないんだろ?』 全く同感です。

過去は変わらないから未来を大事にする

短いですが、思ったことを少し書きます。 よく、昔の話を引き合いにだす人がいますが、過去ってそんなに大事にしなきゃいけないものなのか、疑問に思っています。なぜなら僕たちは今を生きていて、大事にするべきはこれから生きる未来だと考えているからです…

【自己成長】根拠の無い自信を持つことのススメ

僕は人を成長させるのは『根拠の無い自信』だと思っています。社長やいわゆる成功者には『バカ』が多いとはよく言いますが、それってとにかく『自信』を持っていたということなんじゃないかと僕は思っています。 何か新しいことを始めたいとか、挑戦したいと…

生まれてきた意味ってあるの?

【注意】決して病んでいるわけではありません。気分が悪くなったら読むのをやめてページを閉じてください。 たまーに「死んでも良いや」って思う時ありません?一回くらい誰もがそんなこと思ったことあると思うんです。僕は何度かあります。 自分が死んだら…

キリギリスの逆襲が始まった【アリさんとキリギリス】

アリとキリギリスの話は有名な話ですね。どんな話か詳しく思い出せなくともなんとなく以下のリンク先にあるようなあらすじということは知っているかと思います。 アリとキリギリス イソップ物語 <福娘童話集 世界の有名な話> 国によってはタイトルが変わっ…

「結婚=人生の墓場」にしないために必要なこと

結婚する前にはよく既婚の先輩から 「結婚はするもんじゃない。人生の墓場だ」 と聞かされました。 当時まだ純粋だった僕は「そんなわけない」と思っていました。 でも、先輩の言っていることもあながち間違いではないなと、結婚して4年、30歳を過ぎた今にな…

会社を嫌になったら家庭が円満になった話

僕は結婚していてもうすぐ3歳になる息子がいて去年家も建てました。一般的な幸せ家庭のサンプルと言っても良いような生活を表向きにはしています。 実際には、家庭崩壊の危機と隣り合わせです。 仕事に真面目で懸命な夫が家庭を壊す 真面目に会社の事を考え…