あおろぐ

人が生きると書いて人生。額面より可処分量。支え合いより与え合い。

無職 vs 34年ローン

f:id:aoo55:20170912005310j:plain

(注)この記事書いてる時点ではまだ無職ではないです。

 

さて、会社を辞めることを決めた(2017年末の予定)のはいいのですが、前の記事にも書いたように、現時点で辞めた後の仕事のことは考えていません。

 

それでも家族とローンを抱える身として昨夜、今の生活水準で月にいくら必要かを整理してみました。その結果、最低20万円は必要だとはじき出されました。岐阜県の田舎で暮らしていてもそれだけ必要というのはいかがなものか。いずれにしても、無職には結構大変な試算結果になってしまいました。

 

 その内訳の中でやはり大きいのが住宅ローン。これが僕の場合毎月8万円かかっています。家の工事が始まってから気づいたことですが、やっぱり月の固定費を押し上げるローンは安いほうがいい。僕は注文住宅で建てたのですが、全然土地付き建売り物件で良かったと思っています。むしろ中古物件でも。もしこれから家を買おうとしている人がいたら、よく考えて欲しいです。

 

www.aoo55.net

 

家を買うときにローンを組めることは、会社員の最大の恩恵と言って良いと思います。個人で数千万なんて普通借りれません。会社の信用があるからこそ、数千万のローンが組めます。しかも優遇利率で。ただし、住宅の予算やローンの組み方をしっかり考えて契約しないと、ローンによって会社に縛られることになります。

逆に雇用主としては、社員が結婚して家を建てられるということは一つのステータスだそうですが、そういった社員を増やすことは、長く勤めてもらえる人材を増やすことにつながり、人材の長期確保、流出防止の効果があります。

 

僕としては、会社を辞めるまえに最大の恩恵を受けさせてもらったのですが、ローンを組む時点でまさか1年後に会社を辞めると思っていなかったので、住宅の予算組みに関しては甘かったと反省せざるを得ません。

僕の家はそんなに大したことのない家で、特に変わった間取りでもないわけですが、それでも注文住宅はやはり建売りよりも高くなります。まして必要以上に広い家や、見た目を重視しすぎることや、機能を無視した間取りや構造にお金を使うのは僕は無駄だと助言したいです。「3軒建てて理想の家が建つ」と言うように、初めて建てる家に満足することはありません。だったら、建売りや中古で安く買う(またはそもそもマイホームを買わない)のが、仕事を辞めるという選択をするときにも負担を少なくできて良いと思っています。

 

僕の家のことに関しては、今あれこれ言ったところでどうしようもありません。子供用に部屋を作っておいたものの、現在は何も使われていないという部屋が2部屋あります。この部屋を誰かに貸すなどして有効活用したいと考えていますが、暴れん坊の3歳児と4ヶ月の乳飲み子を擁する我が家に、そして岐阜県加茂郡という田舎に、住んでみたいと思う人がいるのだろうか?もしいたらぜひ連絡をいただきたいと思います。

 

現実的なことも考えつつ、退職後は息子を連れて少し旅に行くことも考えてます。いろんな土地で、いろんな人との出会いが生まれることが楽しみです。