あおろぐ

人が生きると書いて人生。額面より可処分量。

自分自身との関係性を良くすること

言葉ってのは「良い言葉」だから人にとってプラスになる、なんて決まりはなくて、結局受け取り方次第になる。受け取り方は「関係性」だと思う。

 

f:id:aoo55:20170304010914j:image

 

関係性とは「相手との関係性」と「自分との関係性」とがある。同じ言葉でも言った人が違えば激励が罵倒に変わる。そして同じ人が同じ事を言ったとしても、自分自身との関係性が悪ければ(自分を認め受け入れていなければ)激励が罵倒に変わる。

 

相手との関係性は相手があることなので、1人ではどうにもならないところがある。でも自分自身との関係性は自分次第。自分をじっくり省みることから始まる。そして自分と向き合い、認め受け入れることができたら、意外と相手との関係性も好転し始めることもある。


まずは自分との関係性を変えること。よく言われる「自分を変える」とはそういうことだと思う。

人生に不満があったり、投げやりになったりすることがある人は、恐らく関係性に問題がある。そういう時は冷静に自分と向き合う時間をとろう。しっかり向き合う時間を「投資」すれば、未来はきっと変わる。その時間を投資出来ない人は、その後の人生の何十万という時間を失う選択をしているのと同じだ。

 

人生をどう生きるか、自分自身にかかっている。決意ができれば、その瞬間から未来は変えられる。