あおろぐ

絶対に必要なものはない。あるのは『あったらいいな』という想い。

【手ぶらで生きる】転職したら通勤時間が10倍になったので、本を聴くことにした。

f:id:aoo55:20180518064330j:plain

転職前は6km6分。

転職後は38km60分。

 


通勤距離や時間を心配されたけど、親父も毎日大垣から小牧まで約40年間通ってたし、そこ言い訳にできんでしょ。

ただ、時間は有限なので、この通勤時間を有効活用はしたい。

 


さっそく、ミニマリストしぶさんの『手ぶらで生きる』をKindleアプリに入れて、iPhoneの読み上げ機能で”読了“。ただ「モノは少ないほうが良い」という内容ではなく、自分がより良く生きる為にどう選択し、どう時間を使い、どうお金を使うのか、ということの考え方のヒントが丁寧に書かれていた。

 

 

 

僕は、ミニマリズムは今の10代〜20代の方は自然とその意識が備わっているのではないかと思う。何故なら、生まれた時からモノやサービスに溢れた世界を生きていて、「無いから創る」ではなく、「有るから選ぶ」で生きているからだ。つまり本書は、今の若い人への提言というより、そういった世代と関わる30代以上の、親・先輩・上司などが読むことで気付きが多い本ではないかと思う。

 


ミニマリストしぶさんの『手ぶらで生きる』は、電子書籍+読み上げ機能で手ぶらで読めます。ぜひどうぞ。

 

 【今日のアイキャッチ

いつも僕の隣で寝ている愛娘・つむぎちゃん。寝相が悪く、毎朝布団に対して垂直の向きになってしまっています。