あおろぐ

人が生きると書いて人生。額面より可処分量。支え合いより与え合い。

『お金がない=貧しい』という人は、なぜ貧しいのか?

f:id:aoo55:20170627060410j:plain

 

ここ1年くらいは『お金』とは何か?ということをよく考えています。いろいろな方の考え方にも影響を受けて学んだことは、お金は『どう稼ぐか』よりも『どう使うか』に向き合うことが重要だということです。

『お金がない=貧しい』という人は、お金を「消費」または「浪費」して生きている人だと僕は考えています。生活が著しく困窮しているというレベルの人は僕の周りにはいませんが、よく「お金がない」とぼやく人はいます。その度に僕は、「この人はお金があったら何に使いたいんだろう?」と疑問に思うのです。だいたいの人は「生活水準を上げたい」とか「将来の不安に備えたい」というふうに言うのですが、そんなものは何の役にも立たないので、やはりお金の使い方が重要だと考えるのです。

僕はこの『お金』というものについて考える時には、同時に『生き方』ということについても考えなくてはならないと思っています。順番に整理していきたいと思います。

 

 

 

 

タイムイズマネーとは?

お金に関する有名な言葉で「Time is money」という言葉があります。アメリカの100ドル札に肖像画が入っている、ベンジャミン・フランクリンという方の言葉です。僕はこの言葉を間違って認識していて、「時間とお金は同じですよ。だから1秒も無駄にせずせっせと働いてお金を稼ぎなさい」ということを言っているものだと思っていました。

調べてみると、この言葉は『機会費用』のことを言っていて、ある行動を選択するということは、選択しなかった他方で生み出せた価値分の対価を支払っていることと同じことだ、という考え方とのことです。

 

説明が下手ですみません。

フランクリンの文章を一部抜粋してみます。

 

時は貨幣であるということを忘れてはいけない。一日の労働で10シリングをもうけられる者が、散歩のためだとか、室内で懶惰にすごすために半日を費すとすれば、たとい娯楽のためには6ペンスしか支払わなかったとしても、それだけを勘定に入れるべきではなく、そのほかにもなお5シリングの貨幣を支出、というよりは、抛棄したのだということを考えねばならない。

 

分かりやすく日本円で言い換えれば、

『日給10,000円の人が半日を無駄に過ごせば、たとえその半日で食べたお菓子やジュースで500円しか使わなかったとしても、稼ぐはずだった半日分の給与5,000円をも費やしている(手にすることを放棄している)のと同じこと』

というようになります。

 

1日中働いた場合の給与・・・10,000円

半日だけ働いた場合の給与・・・5,000円(1日労働に比べて-5,000円と捉えるのが機会費用の考え方)

 

なので、『時間を無駄に使うことをせず、その対価を払っているつもりで、何か自分のためになることに時間を使いなさい』という教えを説いています。これは後に書いている「浪費・消費・投資」という考え方の「投資」にあたります。非常に大事な考え方ですね。

 

 

お金で買っているもの

僕たちが普段お金を払って得ているモノやサービスとは一体何だろうか?という視点で考えてみます。

自動車を例にしてみます。自動車は何のために買うのでしょうか?今は豊かな時代ですから、車の購入動機もいろいろあるかと思います。しかし本来これは『移動する時間』を買っていると考えられます。移動手段が徒歩しかなかった時代に、何日もかけて移動していた距離も、自動車を使えば日本国内なら大体の場所へ1日の内にたどり着くことができてしまいます。徒歩での移動に10日間かかっていたとするならば、寿命云々は抜きにして、単純に、その時代の人よりも10倍長く自分の時間を生きられるようになったとも僕は考えられると思っています。

 

同じように、家事の時間だとか、意思疎通(コミュニケーション)の時間だとか、モノやサービスで便利なものがいろいろあり、それらの対価として『お金』を支払うことによって自分が使える『時間』を買っていると言えます。『時間』そのものを増やすことはできませんが、24時間の内での『自分が使える時間』は、『お金』を使うことによって増やすことができます。

 

 

経済活動の始まりと社会

自給自足で生活していた頃は、当然『時間を買う』という概念はなかったと思われます。しかし『物々交換』が始まるとモノに『価値』が付与されます。モノの交換は、モノそのものだけでなく、その『生産時間』の交換がされていると考えることができます。物々交換という経済活動が始まったことで、人々は自分だけの時間から、他人の時間を『物々交換』を介して生きられるようになりました。

しかし物々交換では、お互いのニーズがマッチしないと成立しない、という難点があります。そのため、

・誰もが欲しがり

・集めたり分けたりして任意の値打ちを表すことができ

・持ち運びやすく、保存が容易

といった条件を満たしているモノが交換のなかだちとして使用されるようになりました。これが『物品貨幣』のはじまりで、矢じり、稲、砂金、麻布などが用いられました。物品貨幣の登場は、特に食品の交換でネックになっていた『腐る』という課題を解決しました。つまり貨幣を通して『時間』を『保管』することができるようになったのです。『今』の時間を使って『未来』の時間と交換ができる、超画期的ですね!

 

『物品貨幣』の歴史としては、この後に金属貨幣が生まれ、金・銀などで作られた貨幣が流通していきます。そういった貨幣の歴史に関して興味がある方は、東京にある『貨幣博物館』を訪問することをお薦めします。

 

日本銀行金融研究所貨幣博物館トップページ

 

こうして『お金』が誕生したことにより、人はモノやサービスとの交換を通して、自分以外の人の時間を得ることができるようになりました。そして経済活動を通じて他人の時間を生きることが出来るようになり、社会が生まれました。人は何かしらの経済活動の中に生きている限り、一人で生きることは不可能であるということも言えると思います。

 

 

浪費・消費・投資

お金をモノやサービスと交換することは、お金で時間を買っているということです。売り手側としてはこの場合、モノやサービスを生産した過去の時間をお金に変換しているということになります。被雇用者は『労働時間』をお金に変換することで給料を得ています。手にするお金は人によって違いますが、例えば月給10万円の人が月給50万円の人の生活水準には絶対に到達できない、ということはないと僕は思っています。なぜかというと、お金をいくら稼ぐかよりも、お金をどう使うかが重要だからです。

 

『浪費・消費・投資』という話を聞いたことがある方もいると思います。僕なりの解釈で簡単に違いを言うと以下のとおりです。

 

『浪費』・・・お金を無駄に使うこと

『消費』・・・お金を等価交換で使うこと

『投資』・・・お金を使い、等価交換以上のリターンを生み出すこと

 

言うまでも無く、実行すべきは『投資』です。『投資』といってもハードルの高いものではなく、一般にイメージされる株や不動産を買うという話ではありません。

例えば、掃除ロボットのルンバを買うのも投資です。ルンバを買うと、掃除をする手間を省くことができます。普段掃除に充てている時間を買うということです。その時間の使い方を先ほどの『浪費・消費・投資』に当てはめてみましょう。

 

『浪費』・・・買っただけで使わない

『消費』・・・空いた時間でくつろぐ

『投資』・・・空いた時間を情報収集や、やりたいことに充て、次の時間創出に繋げる

 

浪費は論外ですが、消費もその製品を使用しているだけなのでほぼプラスを生みません(くつろぐことを否定しているわけではありません)。ルンバの購入をとおして普段掃除に充てている時間を買い、その時間を新しい価値を生み出すことに使うことでこの買い物が投資になります。ここで重要なのは、捻出した時間を使ってやりたいことを持っておくということです。

このルンバはおよそ35,000円で買えるそうです。時給1,000円の人が毎日30分かけて部屋の掃除をしていたとするならば、70日間ルンバを稼働させることでペイできる計算です。しかしペイしただけでは『消費』です。もし一年間使用し続けたとしたら、35,000円で182.5時間を買ったことになります。単純にその時間を時給1,000円で働く時間に充てたとしたら、182,500円稼ぐことができます。35,000円の投資で年間182,500円を稼ぐなんてものすごい高リターンです。

ものすごく単純な例を挙げましたが、いずれにしても投資額以上のリターンを得るように努めることが大切です。

 

 

お金の使い方を考えることは、生き方を考えること

お金を使うときはそれが投資になるように使うように心がけてほしいと思います。とはいえ、ゲームアプリにひたすら課金している人がいたとして、その人は全く投資をしていないかと言われればそうではないと思います。ゲームメーカーが代わりに投資をしてくれているからです。しかし、たいていそういうお金の使い方をする人ほど「お金がない」「給料が安い」とぼやきがちなのも感じています。

自分の生き方を拡張するためにお金や時間を使うことが投資です。それは自身の満足だけで済まされるものではなく、誰かの生き方の拡張にも繋がり、それがまた自分の人生に還ってくるものであることが望ましいと思っています。

 

冒頭でも書いた通り、『お金がない=貧しい』という人は、お金で買うものを「消費」または「浪費」して生きている人であると僕は考えています。僕はそういう人を『人生をお客さんとして生きる人』と表現しています。お客さんである限り、作り手側のルールの中から抜け出すことは不可能です。文句を言おうが、不満がどれだけあろうが、お客さんは与えられたものの中でしか生きられません。そして一生お金を消費し続けなくてはなりません。

抜け出す方法は一つ。自分の人生の作り手になることです。自分がどう在りたいかを深く内省し、その実現のための投資をする。お金はそのためのツールの一つにすぎないのです。